グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  MAPCOM WORLD TOPICS >  現地調査システムの基本~地図の表示とその利用

現地調査システムの基本~地図の表示とその利用


このエントリーをはてなブックマークに追加
以下の記事もご覧ください。
よく分かる現地調査~現地調査システム導入のメリット
よくわかる現地調査~調査票の作成について

現地調査システムにおいて、調査票の作成と並んで重要なのが、調査地域の地図の表示や制御に関わる機能です。

調査票やカメラだけでなく、地図もモバイル端末にひとまとめにできることは、紙での調査と比較した場合の現地調査システムの大きなメリットです。

また、地図を表示するのみならず、直感的な操作で図上でのメモや計測などが行えることで、調査中でも簡単な操作で目的の結果が得られ、スムーズな調査の進行に役立つでしょう。

現在地を知ることができるGPS機能も、効率のよい調査には欠かせません。

GISから生まれた現地調査システム

モバイル調査システム「出簡調」は、GISソフト「PC-Mapping」をもとに誕生しました。そのため、地図の表示や制御に優れており、PC-Mappingゆずりの豊富な機能が利用できます。

モバイル端末でも利用しやすい画面デザインで、ボタン一つで簡単に利用することができます。

例えば、以下のような機能を利用することができます。

①地図の表示・GPS連動

事前に設定した地図の他、オンライン環境で各種Web地図を並べて表示可能。インデックスマップを表示することで、ズーム時でも地図全体の中での位置を把握することができます。
事前に設定した地図は、オフライン環境下でも表示可能です。

また、GPSを利用することで現在地の表示GPSログから軌跡表示を行うことができます。

現在位置

GPSログ軌跡表示

②作図・メモ機能

図上にラインやポリゴン、ポイントなどのデータを作成し、メモを作成して表示させることができます。
紙の地図に付箋を貼るようなイメージで、付箋型のメモを貼り付けることも可能です。

③調査を助ける図上解析(PC-MAPPING連携機能を含みます。)

図上計測

図上計測に対応し、画面タップで簡単に距離や面積を計測可能です。

また、事前に道路ネットワークデータを登録しておくことで、2点間の最短経路表示選択した調査地点の巡回ルートを表示することができます。

2点間の最短経路

経路検索

利用できる機能の詳細については、出簡調製品紹介ページマニュアルをご参照ください。

モバイル調査システム「出簡調」

モバイル調査システム「出簡調」は、現地調査の課題解決を支援する、汎用現地調査システムです。

特定の業務に限定されず、目的に合った現地調査の計画から成果の出力まで一貫した機能をご提供いたします。
タブレット端末を用いた直感的な操作で調査票を作成でき、地図などの必要な資料もタブレット端末一つで持ち運ぶことができます。GPSは内蔵・外付け両タイプに対応し、現在地や移動軌跡の表示が可能です。

汎用GISソフト「PC-MAPPING」との連携により、調査結果の分析や可視化も効率的に行えます。

実際に操作して検討したい場合は、デモ版のご提供も承っております。
「現地調査を効率化したいけれど、何から始めればよいか分からない」というときは、ぜひご相談ください!