グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  MAPCOM WORLD TOPICS >  現地調査システムの基本~写真の管理

現地調査システムの基本~写真の管理


このエントリーをはてなブックマークに追加
現地調査において、写真撮影はつきものです。写真は、数値や文章からは分からない視覚的な情報を伝えることができるからです。
そのため、現地調査においては、現地での写真の撮影方法やオフィスに戻ってからの写真の管理が非常に重要なポイントとなります。

現地調査システムを利用しない場合、紙の調査票に加えてデジタルカメラなどを携行し、調査対象との対応を取るために通し番号(ID)をホワイトボードに記入し、写真の画角に含めるなどの工夫が必要です。そのため、写真を撮影するごとに手間がかかり、調査にかかる時間が増加する、という課題がありました。

また、調査から帰ってきた後も、改めて写真データを1枚ずつ確認し、調査対象ごとに分類する必要があります。1日歩き回った後にこの作業を行うのは、かなり大変でしょう。ミスが起きる可能性もあります。

このように、現地調査における写真撮影は、現地調査の効率や品質の向上に大きく関わっています。そのため、システムの導入検討において重要なポイントの一つになるのです。

「出簡調」なら、写真の管理もラクラク

モバイル調査システム「出簡調」においては、現地調査システムとしての基本的な機能として、利用するタブレット端末などのカメラと連携し、システム内でカメラアプリを起動してスムーズに写真撮影を行うことができます。
撮影した写真は「出簡調」の画面上でサムネイル表示されるため、調査中の確認もスムーズです。

また、写真は事前に設定した調査対象のIDと自動的に紐づけされ、調査対象ごとにフォルダに分けられて保存されるため、調査から帰ってきた後に改めて写真の整理を行う必要がありません。

調査対象によっては、複数の種類の写真を撮影することが必要な場合もあります。
例えば、空家実態調査において、「建物外観」「表札」を別々に撮影し、それぞれに管理するといった場合です。

「出簡調」はこのようなニーズにも対応しています。詳しくは以下の記事をご覧ください。
出簡調での現地写真の管理と登録

モバイル調査システム「出簡調」

モバイル調査システム「出簡調」は、以上のような現地調査の課題解決を支援する、汎用現地調査システムです。
特定の業務に限定されず、目的に合った現地調査の計画から成果の出力まで一貫した機能をご提供いたします。
タブレット端末を用いた直感的な操作で調査票を作成でき、地図などの必要な資料もタブレット端末一つで持ち運ぶことができます。GPSは内蔵・外付け両タイプに対応し、現在地や移動軌跡の表示が可能です。
汎用GISソフト「PC-MAPPING」との連携により、調査結果の分析や可視化も効率的に行えます。
実際に操作して検討したい場合は、デモ版のご提供も承っております。
「現地調査を効率化したいけれど、何から始めればよいか分からない」というときは、ぜひご相談ください!