グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  PC-MAPPING更新速報! >  2022/7/26更新 PCM8.028

2022/7/26更新 PCM8.028


このエントリーをはてなブックマークに追加

[プロジェクトワークスペース]-[標高メッシュ]
 右ボタンポップアップにメニュー追加

標高メッシュ

標高メッシュの右ボタンポップアップ

[プロジェクトワークスペース]-[標高メッシュ]の右ボタンメニューに[ブレンドモード][透過率]を追加しました。
[プロジェクトエキスパート]-[標高メッシュ]を開かずに、ブレンドモード、透過率を直接変更できます。

[プロジェクトワークスペース]のレイヤー要素に[背景イメージ]追加

[プロジェクトワークスペース]の「レイヤー要素」[背景イメージ]を追加して、
右ボタンメニューに[表示][表示][ブレンドモード][透過率]を表示して、
(レイヤーエキスパートを開かずに)直接変更できるようにしました。

LASファイルを画像ファイルに変換機能追加

LASビットマップ変換

点群を1ピクセルとしたイメージに変換

[システム]-[ポイントクラウド]-[LASから画像生成]を追加しました。
指定されたLASファイルから、クラス情報に対応する色を指定して、画像ファイル(32bitアルファ付きGeoTiff)を生成します。
この時、1点が1ピクセルに対応します。

メニューにないコマンド ToasterPopup

ToasterPopup

ToasterPopup

2行のメッセージをWindows10以降に実装された通知領域に送出・表示させます。
バックグラウンドで長い処理をするケースなどで、スクリプトで成否確認ができた時などに使用するコマンドです。

Windows設定で通知設定がONになっている場合、OS自体に通知機能がない場合は、従来のポップアップ型のメッセージウィンドウに表示されます。

[属性転記(レイヤー間 座標一致要素間)]に
「Z値は無視する」オプションを追加

[属性]-[オプション]-[属性転記]-[属性転記(レイヤー間 座標一致要素間)](LayerCopyAttrByPos)
「Z値は無視する」オプションを追加しました。
チェックがオンの場合、Z値は考慮せず、XY座標のみで比較します。

また、ポイントデータの処理に関して最適化・マルチスレッド対応を行い、高速化を図りました。

前句コマンド ExpandEnvironment

すべてのコマンドに関し、
前句コマンド"//ExpandEnvironment"を付けることで、
以後のコマンド文字列を、Windowsの環境変数を展開して実行されるようにしました。
例)
//ExpandEnvironment; Open %HOMEDRIVE%\temp\test\test.pcm
➡Open C:\temp\test\test.pcm

標高メッシュフィルター(BVView15)にオプションを追加

-Proc△nn nn:機能番号
•0 = 3X3 ラプラシアンフィルター
•1 = 5X5 ラプラシアンフィルター
•2 = 3X3 ガウンシアンフィルター
•3 = 5X5 ガウンシアンフィルター
•4 = NxN ガウンシアンフィルター
•5 = 3X3 LOG(Laplacian of Gaussian)フィルター
•6 = 5X5 LOG(Laplacian of Gaussian)フィルター
•7 = 地上開度
•8 = 地下開度
•9 = 尾根谷度
•10 = ウェーブレット(メキシカンハット)
•11 = 法線固有値比(S1/S2)
•12 = 傾斜量(Prewitt法)
•13 = 傾斜量(Sobel法)
•14 = 平均曲率
•15 = 平均曲率1
•16 = 最大傾斜度(%)隣接4メッシュ
•17 = 最大傾斜度(%)隣接8メッシュ
•18 = NxN 統計フィルター(平均値)
•19 = NxN 統計フィルター(最大値)
•20 = NxN 統計フィルター(最小値)
•21 = NxN 統計フィルター(中央値)
•22 = ピークポイント抽出
•23 = ユーザー定義マトリックスフィルター
•24 = ユーザー定義関数フィルター
-HMeshName△sName
sName:対象標高メッシュのタイトル
-FS△ff
ff:"スケール"値
-FA△ff
ff:A値
-FB△ff
ff:B値
-Check△b [勾配率(%)でなく、傾斜度(deg)を算出する]チェックボックス
0=OFF
1=ON
-AddMgr△b
[結果のデータをプロジェクトに登録する]チェックボックス
0=OFF
1=ON
-NdvPath△str 参照NDVへのパス名
-Proc=23の場合に有効
-Calc△str str: ユーザー定義関数
-Proc=24の場合に有効

Widows11でのスナップレイアウト

Windows11でのスナップレイアウトを実装しました。
メインウィンドウの最大化/復元ボタンにカーソルを合わせると、レイアウトポップアップメニューが表示されます。

■バグ修正■ 計算フィールド SearchPath

計算フィールドの式で 
関数「SearchPath」が正常に動いていなかったバグを修正しました。