グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  MAPCOM WORLD TOPICS >  3D都市モデル(Project PLATEAU)東京都23区のインポートに対応しました

3D都市モデル(Project PLATEAU)東京都23区のインポートに対応しました


このエントリーをはてなブックマークに追加

3D都市モデル(Project PLATEAU)東京都23区(CityGML 2020年度) のインポートに対応しました

国土交通省では、現在3D都市モデル整備の全国波及と活用拡大を目指すべく、 Project PLATEAU (プラトー)において2020年度中に東京23区をはじめとする全国約50都市で3D都市モデルの整備を推し進めています。
BIM/CIMの取り組み推進の中で3次元モデルの活用は非常に大きな進展をみせています。

G空間情報センターでは、東京23区の3D都市モデルを商用利用も含め無償でダウンロード、自由に利用できるものとして公開しています。
この東京都23区のCityGMLをPC-MAPPINGでインポートし、GIS上で表示できるよう機能追加を行いました。
他のデータとの重ね合わせ、3D表現ももちろん可能です。PVP保存機能(拡張版)を利用することで、ビューワーとしても配布できます。
ぜひ最新版にてお試しください。

またご興味をお持ちのお客様は、ご質問やデモンストレーションのご依頼等、お気軽にお問い合わせください。

LOD1での表示

LOD2での表示

コマンド:LoadCityGmlTokyo
  • ベクター画面では2D表現ですので、3Dビューに切り替えてご確認ください。
  • LOD2に関して、テクスチャー画像ファイルとtextureCoordinatesを属性として取り込みます。
  • 3Dビューで、テクスチャー画像ファイルをプロジェクトファイルからの相対パスで取得できる場合、テクスチャー貼り付けを試みます。

メニューにないコマンドです。コマンドラインバーからご利用ください。詳しくはヘルプをご参照ください。