グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  Galleries >  2D/3Dオーバーレイビュー

2D/3Dオーバーレイビュー


このエントリーをはてなブックマークに追加
「絵で見る3D」ではなく、GISの2D機能を生かして3D世界を表現します。
これにより、GISのベースを2Dから3Dへと移行し、より幅広い表現を可能にします。

点群データのオーバーレイビュー

2D画面の背景データとして、点群データを登録することができます。
PC-MAPPINGの3D表現は、リアルタイムに2Dから3D描画を行います。そのため、例えば2Dで建物形状を変更すると3Dにおいても直ちに変更後の建物形状を確認することができます。

2D表示

3D表示

リアルタイムで2Dと3Dが連携することにより、GISの基本機能である属性照会を3D画面からも行えます。
3D画面で属性照会したベクターは2D画面でも強調表示されます。

注記も3Dオブジェクトとして表現

地図にとって建物名等の属性表示は基本となる表現の1つです。
PC-MAPPINGでは、表示されている属性情報もオブジェクトとして3Dの世界に表現することができます。

2Dでの注記表現

3Dでの注記表現

高さ情報を持つ建物はよりリアルな3D表現へ

例えば建物形状に高さ情報を与えるだけでは、3D表現では天板部分が宙に浮くように描画されます。
3D表現をより現実世界に近づけるために、属性値の高さ情報から建物形状の側面と天板部分を描画することができます。

建物形状に高さを与えるのみ

建物属性の高さ情報から自動で側面・天板部分を描画